S-LINE

私の母がS-LINEを購入し毎日寝ています。

母は昔から腰疲れで悩んでいて、以前の布団のときもバスタオルを丸めて腰にあてて寝ていました。特に腰痛という症状はないようなのですが、寝るときは背骨のS字が反っていたいたほうが気持ち良いということでタオルで代替していたみたいです。

でもS-LINEと出会ってからは、そのタオルを押し込むことなく、毎日気持ちよさそうに寝ています。

S-LINEの特徴として、腰の部分のエアファイバーが頭部と肩、脚の部分より硬めに作られているために、立っているときと同じ腰骨のS字ラインが寝ているときもキープできるんですね

それにエアウィーヴの高反発構造がトランポリンの上で寝ているようだと言っていました。寝返りもすごく楽ちんと言っていました。

母は横向きで寝ることが多いのですが、その姿勢でも骨盤と胸骨のところのS時ラインどおりに支えてくれるから気持ちイイ~とよく叫んでいます。(本当に叫んでいます)

でも私が母に、「腰骨のくびれはどこ?S字ラインってどこ?」と聞くといつも怒るんです。30年前の写真を持ち出して”ココ”と指差すのですが、説得力がありませんよね。

 

エアウィーヴ 価格

 

■ これがS-LINEです

画像を見ていただくとわかると思いますが、外カバーにラインが入っていますよね。このラインの間隔が狭くなっている部分(中央)が硬めに作られている腰があたる場所です。

頭部と肩、脚の部分はラインの間隔が広くなっていて、ここは柔らかく作ってありますよという目印になっているようです。

このラインが入っている面が冬面です。(夏場でも肌寒い日にはこの面で寝てもいいかもしれません)

下画像がメッシュ生地の夏面になります。S-LINEも他と同じようにと同じようにひっくり返すことで即、夏面、冬面にすることができます。

外カバー(アウターカバー)を開くとこんな感じになります。

■ 柔らかい部分と硬い部分のエアファイバーの違い

画像が醜くて申し訳ないですが、腰の部分は密度が高くなっています。

見やすいように下にボードを置いてみました。

2枚目の画像が柔らかい部分で素材の密度が腰の部分より低めになっています。下のボードの見易さが違うのがわかると思います。

■ アウターカバーへの納め方

基本的に他と同じようにアウターカバーの中に入れます。

ジッパーを閉じるときには内布を挟まないように注意してください。

三つ折りににできますから収納も普通のおふとんと同じように簡単です。

 

エアウィーヴ 価格

 


通販(価格)|全国販売店
NEW エアウィーヴ|S-LINE|四季布団 和匠|枕(ピロー S-LINE)|エアウィーヴ注文から発送まで
S-LINE 口コミ|newエアウィーヴ口コミ|四季布団和匠口コミ|四季布団口コミ
妊婦さんにもオススメ|納期保証内容|耐久性お手入れ方法|エアウィーヴ 腰痛
錦織圭さん愛用|JALがエアウィーヴ採用
エアウィーヴCMまとめ
トップページ | 運営者情報 | お問い合わせ | サイトマップ