エアウィーヴ 耐久性(寿命)何年もつの?|お手入れの方法

エアウィーヴ 耐久性(寿命)何年もつの?|お手入れの方法

まず、通常お布団やベッドの寿命(耐久年数)は、使用環境にもよりますが以下のようになります。

【お天気の日には必ず天日干しをして、毎日収納するお布団の場合】

この場合約5年ほどの寿命(耐久性)といわれています。
※どこまでが寿命かという判断は、使用者の主観による場合も多い。

お布団の(特に敷くほう)中身は、主に「綿・羊毛・真綿」で作られており、

・綿(フカフカに回復する力が強い)
・羊毛(回復力が弱い)
・真綿(すたれに強いが打ち直しが効かない)

などの特徴があります。

天日に干すことで湿気を飛ばし、雑菌やダニを殲滅することが可能ですが、お布団の寿命や耐久性という面においてはひとつだけデメリットがあります。

それは、干すときに使われる”叩き棒”です。これでパンパン叩くことで就寝中に溜まったホコリなどを叩き出すことはできます。ところがそれと同時にお布団の中の素材の繊維を破壊してしまいます。

新品の時には繊維がしっかりしているので、干すことでふかふかの状態が回復し寝ていてもとても気持ちのいいものです。

ですが、干すたびにこのパンパンを繰り返すことで中の繊維が崩れて、空気層をなくしてしまいます。これが長年使い続けると厚みが薄くなり硬さを感じる原因となります。

もちろん中の生地の「打ち直し」をすることで元の状態には戻りますが、その料金が高額になることもあって、お布団自体を買い換える方が多いようです。

 

【ベッドマットレスの寿命はスプリングの耐久年数】

ベットマットレスの中身に使われている素材は、古くはスプリング(ボンネルコイル)で、現在ではコイルの直径を小さくして針金の太さも極細に加工されたポケットコイルが多く使われています。また、鉄のコイルの他に強化プラスティックで作られたものもあります。

耐久年数は5~7年前後といわれており、その寿命を計る基準はマットレス本体の生地よりも、スプリング(コイル)が廃れる(ヘタる)年数です。

ただしこの耐久性も、マットレスを数ヶ月ごとに配置換え(頭部にあたっていた部分を脚の方へ、またはその逆)を定期的に行った場合の数値で、常時同じ配置にしている場合には、一部のスプリングに過度な負荷がかかり続け、ヘタれる速度が速くなる場合があります。

ベットのデメリットは、お布団のように簡単に天日干しできないことです。もちろんベットマットレス本体から生地を外して洗って干すことは可能です。でもその外す作業が一苦労で、上敷きを交換するだけの方が圧倒的多数のようです。

従いまして、ベットの場合には寿命ということに加え衛生面もしっかりと考えなければなりません。ベットクリーニングなどのサービスもありますが、思ったよりも料金が高額なので現実的ではありませんね。

 

 

【エアウィーヴマットレスの寿命(耐久年数)】

エアウィーヴ耐久性エアウィーヴは約80万回の寝返り実験や負荷をかける実験を繰り返し、その実験からわかった対応年数は約8年!復元力は驚異の99%あり、次のマットレスに買い換えるまで新品同様の変わらぬ寝心地を体感できるのはお得だと思います。

エアウィーヴを作った会社は、元は釣り糸を作る機械を製造していた会社です。釣り糸は負荷(引っ張られたとき)に強く、大きな牽引力(マットレスの場合上から押された圧力)がかかっても伸びきってしまうことはありません。

たとえば海釣りなどで大きな魚を釣る場合、竿に伝わる僅かな反応を頼りにヒットさせたりします。このときに釣り糸が元の長さより大きく伸びてしまうと、その大切な感触が手に伝わってきません。

よって釣り糸は竿にダイレクトにヒット感が伝わるように伸びないように作られています。また、釣り糸の径では耐えられない牽引力がかかった場合には、プツンと切れるようにできているのです。

その素材の特徴を活かしエアウィーヴは太さの違うポリステル素材(エアーファーバー)を絶妙に配置し、細い繊維は沈み込む部分に、太い素材は支えたい部分にと、人体構造力学でわかった人が寝る場合にかかる体重の振り分けポイントを解明して作られているんですよ。

 

【エアウィーヴお手入れの方法】

SnapCrab_NoName_2015-6-26_13-41-31_No-00エアウィーヴのマットレス素材カバーを外すと画像のようなもの出てきます。

エアウィーヴの素材はお風呂場でシャワーで簡単に洗えます。このときに強力な漂白剤などを使うと素材のポリステルを傷めることがあるので注意しましょう。(ジュースやコーヒーなど、色の付くものがこぼれたときだけ私は洗剤を使っています)

また、冬季にエアウィーヴの素材をお湯などを使って洗う場合には40℃以下の温度にしましょう。素材事態がポリエステルなので高温では溶かしてしまうことがあり、素材変形によりキチンとした体圧分散ができなくなることがあります。

乾かす前に繊維についた水分を軽く叩いて落とし、落ちない水分は乾いたタオルなどで拭き取ります。

中素材(エアファイバー)を干すときには直射日光を避けましょう。陰干しがおすすめです。アウターカバー(エアファイバーをくるむカバーも)も乾燥機などを使用せず、自然に干すほうがいいようです。

干すときには洋服やタオルなどと同じように、くしゃくしゃなまま干さないほうがいいですよ。生地を両手で軽く挟み込みながら縮んでいたりゴワゴワしたりしないように伸ばしてから干しましょう。

エアウィーヴ通販


通販(価格)|全国販売店
NEW エアウィーヴ|S-LINE|四季布団 和匠|枕(ピロー S-LINE)|エアウィーヴ注文から発送まで
S-LINE 口コミ|newエアウィーヴ口コミ|四季布団和匠口コミ|四季布団口コミ
妊婦さんにもオススメ|納期保証内容|耐久性お手入れ方法|エアウィーヴ 腰痛
錦織圭さん愛用|JALがエアウィーヴ採用
エアウィーヴCMまとめ
トップページ | 運営者情報 | お問い合わせ | サイトマップ